FX手数料の種類は?

 


FX取引を行なう人が最近増えています。

 

そのためにFX業者は少しでも自分達の顧客を獲得するためにいろいろなサービスを実施しています。

 

その1つに手数料無料を打ち出している業者が多く、あなたも今なら手数料無料でFX取引が出来ることになります。

 

一般的に手数料と呼ばれているのはFX取引手数料です。

 

FX取引手数料とは、FX取引を行なう時に通貨量に応じて発生する手数料のことです。

 

これは通貨量については10000通貨、50000通貨〜などの単位ごとに手数料が変わってきます。

 

そしてFX取引の際には片道ということをよく見ると思いますが、FX取引での片道手数料は1回の取引でかかる手数料のことをいいます。

 

ですから売り買いした場合には手数料が2回かかることになります。

 

通常は取引通貨が多ければ多いほど手数料は安くなります。

 

そして片道手数料に対してはデイトレード手数用があります。

 

デイトレード手数料は1日当たりの定額料金で手数料を払うので、回数を多く行なうトレーダーには向いている手数料になっています。

 

しかし、前にも書いた通りに、多くの業者がこれらの手数料も無料にしているので、手数料を節約するためにもその中からあなたに合った業者を見つけて取引すればいいと思います。

 

そしてその他にFX取引で関係する手数料は、入金手数料、出金手数料、口座維持管理手数料、情報利用料、システム使用料、などがありますが、これらの手数料も多くの業者が無料にしている場合があるので、あなたが行なうFX取引の種類に合わせて、なるべく有利に取引が行なえる業者を選んで効率のよいFX取引を行ないましょう。